パチスロコラム

パチンコ・パチスロの出玉規制がついに発表されました。
その気になる内容は以下の通りになっています。

パチンコ

  • 一回の大当たりの出玉の上限:2400個 ⇒ 1500個
  • 4時間で獲得できる出玉の上限:5万円以下、獲得できる出玉は発射した玉の1.5倍未満

パチスロ

  • ボーナスの払い出し枚数:MAX480枚 ⇒ MAX300枚
  • 有利区間が最大1500G、純増2.0未満

この規制でどう変わるのか?

パチンコ

パチンコの規制で一回当たりの出玉の上限が2400個⇒1500個となっています。
これについては、現状でホールの主流の海物語などの出玉が1400個となっているので特に問題なさそうです。

4時間で獲得できる出玉の上限が5万円以下ということについてです。
パチンコは1分間に100発の玉が発射されますので、これを4時間続けたとして合計で24000発の玉が発射されることになります。
最大の出玉はこの24000発の1.5倍なので、獲得できる出玉は36000発になります。
この36000発から、発射した玉の24000発を引いた、12000発の玉が4時間打った際に獲得できる最大の出玉となります。

つまり、4時間打って次第で48000円の勝ち額を得られることになります。

ただし、この金額はあくまでも最大の勝ち額なので、現実的にはこれよりかなり低くなることが予想されます。

これらのパチンコの規制ですが、実施される予定なのが平成30年2月1日からということなので、今すぐどうこうというわけではなさそうです。

パチスロ

一回のボーナスの払い出し枚数の最大枚数が480枚⇒300枚に変更ということですが、これはかなり大きな変更になりそうです。
ハナハナやジャグラーなどのAタイプの獲得枚数はだいたいの機種が310枚前後となっています。
ここが300枚になるということは、実質の獲得枚数が250枚前後に減るということになります。

これはAタイプにとってなかなかに大きなダメージを与える規制ではないでしょうか。

有利区間が最大1500G、純増2.0未満ということについてです。
まずは有利区間とは何ぞや?ということからです。

5.9号機の大きなポイントは、指示機能(押し順等のナビ機能)に関して、ART等の発動を禁止する通常区間と、ART等の発動を可能とする有利区間の2つの区間を設けたことだ。

通常区間から有利区間へは毎遊技一定の確率で抽選することとし、その抽選確率に設定差を付けてはならない。また有利区間は最大1,500ゲームで終了することとし、その区間内でのART仕様の設定差を禁止。この他、有利区間の比率は全体の7割未満と定めた。

引用元:遊技日本

要は、通常区間から有利区間に上げてようやくARTに入れれるということです。
ARTの純増は2.0枚未満なので、1500Gの有利区間で純増が2.0枚で3000枚のコインを獲得できることになります。

このパチスロの規制は2017年10月からということなので、規制の波はすぐそこまでやってきています。
今ある旧基準機の撤去についてですが、2017年12月末までに全体の30%未満の台数にする必要があるようです。

この規制を受けてどう変わっていくのか?

自分がパチスロを始めたのは4号機の頃でした。
それ以来、どんどん規制が厳しくなっています。

そのおかげでパチスロから遠ざかっていたこともありました。
ですが、メーカーさんの頑張りのおかげで、現在でも打ちたいと思えるような機種がたくさんあります。

規制は射幸心を低く、ギャンブル依存症を減らしたいから。
という名目で作られていきますが、規制を厳しくして果たしてギャンブル依存症が減っているのでしょうか?

個人的には、ギャンブル依存症ではないライトユーザーだけが減るだけのような気がします。
ギャンブル依存症というのは、出る・出ないではなく、「出したい」・「出す快感を味わいたい」という打ちたい気持ちの抑えられない人です。

多少出玉が出なくなったくらいでやめられるなら、それはギャンブル依存症ではないでしょう。
それに、たとえパチンコ・パチスロをやめられたとしても、ギャンブルに依存している人は必ず他のギャンブルに移行するのではないでしょうか。

ギャンブル大国の日本において、庶民の娯楽として楽しまれてきたパチンコ・パチスロです。
何が一番いいのかということは自分にはわかりませんが、カジノのように富裕層向けのギャンブルだけに目を向けることが果たしてどうなのかと。

そんなことを思う今日この頃です。


↓応援ぽちっとおねがいします↓

質問・疑問にお応えします♪
コメントやお問い合わせはお気軽に!

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

激アツブログの最新情報を
お届けします

Twitterで激アツブログをフォローしよう!