グレートキングハナハナ

基本情報
メーカー パイオニア
タイプ Aタイプ
有効ライン 5ライン

2017年7月24日。
ハナハナシリーズ最新作の『グレートキングハナハナ』がいよいよ導入開始となります。

前作のドリームハナハナでは、通常時のコイン持ちを良くして遊べる台になりました。
その分ボーナスが若干重くなり、あの爽快なハナ連が味わいにくくなっていました。

そんな中、満を持して登場したグレートキングハナハナは、低設定域のボーナス出現率を上げたハナ連仕様となって登場です。

グレートキングハナハナのスペック

設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/299 1/496 1/186 96%
2 1/288 1/468 1/178 98%
3 1/278 1/436 1/170 101%
4 1/268 1/407 1/161 104%
5 1/255 1/374 1/151 107%
6 1/234 1/336 1/138 112%

ニューキングハナハナのスペック

設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/303 1/504 1/189 96%
2 1/293 1/474 1/181 98%
3 1/281 1/439 1/171 101%
4 1/268 1/407 1/161 104%
5 1/255 1/374 1/151 107%
6 1/234 1/336 1/138 112%

グレートキングハナハナについて

グレートキングハナハナとニューキングハナハナのスペックを見比べてみましょう。

すると、出玉率は同じなのにグレートキングハナハナのほうが低設定域のボーナス確率が上がっています。
ボーナス確率が上がって、出玉率に変更がないということは、どこかで何かが削られているということです。

その何かは、何かはわかりませんが、おそらく通常時のベル確率なのか、スイカ確率なのか、はたまたチェリー確率なのかはわかりません。

ですがもし仮に通常時のベル確率だった場合、高設定域のボーナス確率と出玉率が変わらないので、より通常時のベル確率からの設定推測信頼度が上がりそうです。

その他の要素、スイカやチェリーだった場合、ベルに加えてスイカやチェリーも要カウントとなりますね。

いずれにしても、どこかで出玉率を調整する何かに変更があったことには間違いありませんね。

グレートキングハナハナについては、まだ詳しい解析等出ていません。
今の段階でわかっているのは【ボーナス出現率とスペック】、【リール配列】くらいです。

パイオニアさんのグレートキングハナハナのHPを見てみると、通常時のスイカ出現率や、REG中のサイドランプなどで、今までと同じように設定推測できそうな感じではあります。

グレキンHP ⇒ http://www.slot-pioneer.co.jp/product/great_king_hanahana/

もしかしたら、設定推測という面においてよりわかりやすくしたのがグレートキングハナハナなのかもしれませんね。

そんなことを考えると非常に楽しみな1台であります。


↓応援ぽちっとおねがいします↓

質問・疑問にお応えします♪
コメントやお問い合わせはお気軽に!

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

激アツブログの最新情報を
お届けします

Twitterで激アツブログをフォローしよう!