パチスロコラム

4号機時代のパチスロではかなり勝つことができました。
暇があれば攻略雑誌を読み漁り、毎日パチンコ店へ向かう生活でした。

そんな毎日のように打っていたパチスロも、5号機の到来やイベント規制とともに年に数回程度の実践に減っていきました。

しかし最近では、再び月に数回程度パチンコ店へ向かうようになりました。

パチスロにおける「投資」とは

パチスロを打つ際、投資何本などと使ったお金のことを呼ぶことがあります。
この「投資」とは一体どういうことなのでしょうか?

投資とは、「利益を得る目的で、資金を投下(使う)すること」です。

パチスロにおける投資とは、「自分の選んだ台を利益を得る目的で、資金を投下すること」です。

利益を得る目的で投資するということは、投資先にそれなりの根拠が必要です。
台の知識、店内状況などを加味しながら、明確な理由を元にしたパチスロ台を選ぶことが大切です。

昔のパチスロ台と今のパチスロ台の違い

昔のパチスロ台と今のパチスロ台の違いはゲーム性もさることながら、

出玉率の差

が大きな違いだと思っています。

出玉率とは出玉率で、出玉率の数値が高ければ高いほどリターンが大きくなります。

出玉率がわからない方は、こちらの記事を読んでみてください。

昔のパチスロ台の出玉率は、ノーマルAタイプの台でも設定6で120%以上、設定5でも115%を超える出玉率の台が多かったです。
たしか150%を超えるような出玉率の台もあったような…。

しかし、この高い出玉率を得るにはある程度の目押し力が必要で、4号機のパチスロ機は「技術介入機」なんて呼ばれていました。

現在のパチスロ台の出玉率はというと、出玉規制で出玉率が最大でも119.9%となってしまいました。

厳密に言うと、昔から出玉率の上限は119.9%だったのですが、出玉率の算出方法に技術介入などを含む規制ができたことで、実質の出玉率の上限が119.9%とったみたいです。

この規制により、ハイスペック機と呼ばれる台以外の出玉率はおよそ110%付近の出玉率となりました。

今と昔のパチンコ店の違い

昔のパチンコ店には大規模なお店は少なく、小規模~中規模のお店が数多くありました。

また、換金率はお店によってさまざまでしたし、お店独自のサービスもたくさんありました。
そのおかげだと思いますが、昔のパチンコ店はホール間での競争意識が高かったように思えます。

現在のパチンコ店は、どの地区にも大手チェーン店が進出し、換金率はパチンコ・パチスロともにほぼ等価交換。
昔の大イベントだった新台入替は、もはや当たり前のようにハイペースで行われ、どのホールも同じような台のラインナップになりました。

そんな環境の中、地域密着型の小中規模のホールが徐々に姿を消していくことになります。

パチスロは今でも勝てるのか?

近年、全く打っていなかったパチスロを、最近は月に数回のペースで打ちに行くようになりました。

なぜ打ちに行くようになったのか?それは、今のパチスロは勝てるなと思ったからです。

だからといって昔のようにスロプーしてまで打ちたいとは思わないのですが、とにかく今のパチスロは勝てます。
※正確に言うと勝てそうな気がする…です

最近打ったパチスロ収支はこんな感じになっています。

  1. 乱れ打ち(-30,000円)
  2. キングハナハナ:推定設定5(+35,000円)
  3. ジャグラーガール:推定設定5(-12,000円)
  4. サンダーVリボルト:推定設定5(+15,000円)
  5. 花火:推定設定?(-12,000円)
  6. ニューパルサーSP推定設定5(-3,000円)

合計:-7,000円

この収支はすべて夕方から実践した際の収支です。
結果だけ見れば合計で負け越してはいるものの、乱れ打った1のデータを省けば、「+23,000円」です。

リハビリでこれだけの結果が出ていれば、もう少し続ければ勝てるようになるなと思う訳です。

再びパチスロを打つようになって思うこと

今の時代は、わからないことがあればネットで調べればだいたいのことがわかる時代です。
ホールや台の情報など、昔はお店に足を運ばなければわからなかった情報がスマホ一つで得られます。

この情報を蓄積していくことで、より良いお店や台選びに繋がっていくはずです。

パチスロを打つ上で大事なことは、物事を長いスパンで考えることだと思っています。

やるべきことをやっていれば、結果は後からでも必ずついてきます。

失敗しても前向きに、楽しみながら自信を持って頑張っていきたいです!

と、そんなことを思う今日この頃です。


↓ステキなスロブロガーさんの記事はコチラ↓

質問・疑問にお応えします♪
コメントやお問い合わせはお気軽に!

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

激アツブログの最新情報を
お届けします

Twitterで激アツブログをフォローしよう!