設定6に変更

パチスロで高設定狙いをする上で、朝一に選んだ台の設定が変更されているかどうかは重要なポイントです。

例えば前日の高設定の据え置き狙いの場合、当日に設定変更がされていないことがわかれば朝一から高設定をツモれます。
設定上げ狙いの場合、当日に設定が変更されていることが大前提で、そこからその台の設定がいくつなのかを推測していきます。

このようにして、設定狙いで朝一から立ち回る際には、いかにして設定変更の有無を見抜くことができるかということが重要になってきます。

パチスロの4号機時代のだいたいのパチスロ台には減算値と小役カウンタという機能がついていて、小役カウンタの値から高い確率で設定変更を見抜くことができました。

減算値と小役カウンタについては過去記事で詳しく説明しています。

この小役カウンタを使った設定変更判別とリールガックンなどを組み合わせることで、より精度の高い設定変更判別を行うことができました。

2016年の現在には、小役カウンタを搭載しているパチスロ機はありません。
なので、朝一の設定変更を見抜くには、ゲーム数からのガセ前兆や、モードの高低、ガックン判別などで変更判別をしていくことが主流となっています。

前置きが長くなりましたが、ここからパチスロ台の設定変更後に起こるリールの震えについて解説していきます。

パチスロ台のリールには各リールの絵柄にそれぞれ番号がついています。
簡単に言うと下の画像のような感じです。

クランキーコンドルのリール配列

パチスロを遊戯するということは、コインを3枚入れてレバーオンでリールをスタートさせ、ストップボタンを押してリールを停止させます。
リールを停止させた際に、内部では今どの位置にリールが止まっているのかという情報が記憶されます。
このリールの停止位置の情報を元に、第2・第3番目に停止させるリールの制御しています。

簡単に言うと、小役やボーナス絵柄というのは狙ったからと言って必ず揃いませんよね?
なぜかというと、小役やボーナスのフラグが立っていない場合は、絵柄が揃わないようにリール制御が働いているからです。

クランキーコンドルのリーチ目

このようにしてパチスロ台は、小役やボーナスなどのフラグや、ストップボタンを押した際の停止位置によって、さまざまなリール制御を行いながら停止出目を演出しています。

ところが、この停止出目の情報というのはパチスロ台の設定変更を行うことで、内部でリセット(もしくは既定の番号に置き換わる)されてしまいます。

例えばですが、設定変更を行うことで各リールの停止位置の情報が21番の番号(赤7が中段に揃った状態)から始まるとし、実際のリールの停止位置が21番の番号ではなかったとします。

クランキーコンドルのリール配列

この、内部の停止位置の情報と、実際に停止している出目の位置のずれを合わそうとすることにより、リールガックンという現象が起こるわけです。

リールガックンという現象は、設定変更時以外にも起こります。

  • リールを手動で動かしたとき

  • ボーナス終了後

など、内部のリール停止位置の情報と、実際に停止している出目の位置がずれていればリールガックンは起こります。

パチスロ台にはリールガックンするメーカーと、リールガックンしないメーカーがあります。
それらを見抜く個人的な方法ですが、ボーナス終了後の1G目にガックンするかしないかで判断しています。

ボーナス終了後というのは、基本的にはリールの停止位置の情報が内部でリセット(もしくは既定の番号に置き換わる)された状態、いわゆる設定変更した時と同じ状態になっています。
なので、ボーナス終了後の1G目にリールがガックンするメーカーの台は、リールガックンするメーカーだと推測できます。

北電子さんのジャグラーだとわかりやすいと思いますので、ボーナス終了後の1G目に注目しながらレバーオンしてみてください。

ガックン判別は、現在のパチスロ台では非常に有効な設定変更判別の一つとなっています。

しかし、お店によっては対策されている場合もありますし、ガックンすることを使ってお客さんを惑わそうとするお店もあります。
設定1から設定1に打ちかえたとしてもリールガックンはするわけですから、状況によってはガックン判別に過度の期待は禁物です。

パチスロで設定狙いをする際には、お店に高設定が入っていることが大前提で、その中でお店の傾向や癖から狙い台を絞り、リールガックンから設定変更の有無を目安程度に裏付けるといった感じで立ち回ることがベターです。

以上が、「パチスロの設定変更後に起こるリールの震えとガックン判別の仕組み」でした。


↓応援ぽちっとおねがいします↓

質問・疑問にお応えします♪
コメントやお問い合わせはお気軽に!

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

激アツブログの最新情報を
お届けします

Twitterで激アツブログをフォローしよう!