【グレートキングハナハナ】パチスロで勝つために大切なこと

アジアカップの決勝で、日本がカタールに負けて落ち込んでます。
どうも、つっちーです。

勝負事で勝つということは簡単ではありません。
私の好きな漫画の「賭博破戒録カイジ」の75話にこんな言葉が出てきます。

奇跡なんて望むな…!
だってそうだろ…!
「勝つ」ってことは…
そんな神頼みなんかじゃなくじゃなく…
具体的な勝算の彼方にある…
現実だ……!
勝つべくして勝つ…!

パチスロで勝つということも、これと同じです。
トータルの収支というのは、勝てる行動を繰り返した結果です。

年間収支というのは1年間の行動の結果です。
もちろん、月間収支というのも1ヶ月間の行動の結果になります。

そんな今回の実践記は、パチスロで勝つための行動。
元マイホームのA店で実践した2日間の実践記です。

ネットで稼ぎたい人必見!インターネットを使って簡単に稼ぐ方法があるって知ってますか?

稼ぐというよりも、ついでに稼げる方法といった方がいいですね。

その方法はハピタスというポイントサイトを使います。
ハピタスは最近テレビCMもやっているので、目にしたことのある方も多いと思います。

まずはこちらの動画を見てみてください。

Wでポイントがもらえるというのを簡単に説明すると、買い物先でもらえるポイントはそのままに、ハピタスでもポイントがもらえるということです。

もっと簡単に言うと、コンビニなどで出すポイントカードと同じです。

例えば楽天市場で買い物をするときにハピタスを使うと、楽天ポイントに加えて、ハピタスでもポイントがもらえます。

使い方も簡単で、買い物するときにハピタスをワンクッションはさむだけ!
ですが、私はちょくちょく忘れてしまうことがあります…。

ハピタスを使うにあたって費用がかかることはありません。
なので、ネットショッピングするなら使って損はないのかなと思っています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

実戦のお話

にほんブログ村 スロットブログへ

実践したのは11月11日のゾロ目の日と、祝日の金曜日。
今年に入りA店はゾロ目の日をイベント日に設定し、そこそこの状況が続いています。
祝日の金曜日にはハナハナのイベントを行っていました。

マイホームに「元」がつくだけあって、最近のA店は状況悪しです。
ですが、期待も込めての実践ということになりました。

てか、本当は最近はなんだかんだ無理やりこじつけてスロット打ちに行っちゃう病なんです!笑

翌日の狙い台を絞る作業

前日にいつものようにサイトセブンを使って狙い台を絞りました。
エクセルを使ってデータを取り、お店のクセから狙い台を絞るのですが。

なぜ狙い台を絞るの?
友達からもよく聞かれます。

その答えは簡単で、打たなくてもよい台を打たないようにするためです。

お店の中の打ちたい台の中には高設定の入っている台数は限られています。
そして、高設定ではない台の設定というのは低設定もしくは中間設定です。

例えば、20台の中に1台の高設定(設定6)が入ってるとします。
そのままの状態で打ちに行けば設定6をつかめる確率は単純に1/20となります。

ではこの状態で、例えば、絶対に高設定が入らない台を10台見つけられたとします。
すると、先ほどは1/20の確率だった設定6に座れる確率が、なんと1/10になってしまうんです。

じゃあもしこの状態で、例えば、高設定の入りそうな台を5台まで絞れたとします。
すると、先ほどは1/10の確率だった設定6に座れる確率が、なんと1/5にまで絞れるんです。

1/5だったら高設定に座れるような気がしません?
だって、最初に座った台がダメだったら他の4台に移動することもできるわけですから。

狙い台を絞る精度が高ければ高いほど、設定6に座れる確率は上がります。

このようにして、消去法を使いつつ高設定の入りやすそうな台を絞っていくことで、低設定を打つリスクを回避しつつ、高設定に座れる確率を上げることができるのです。

そのためにかかせないのがいつものサイトセブンなのです。
よかったら皆さんも使ってみてください。

ゾロ目の日の朝一の立ち回り

前日に絞った狙い台は、「グレートキングハナハナ」と「ツインドラゴンハナハナ」の2機種です。
出たばかりで人気のツインドラゴンハナハナはまだ取れないだろうと判断し、本命狙い台はグレートキングハナハナ。

開店ちょうどにお店に到着し、30人ほど並んだ列の最後尾から入場します。
取れないだろうと思いつつも、気になるツインドラゴンハナハナの狙い台がやっぱり取れないことを確認し、無事にグレートキングハナハナの狙い台をキープすることができました。

台をキープした後は、一通りのお客さんの流れを見てから着席し、いざ実践スタートです!

ゾロ目の日のグレートキングハナハナ実践記

にほんブログ村 スロットブログへ

グレートキングハナハナを打つうえで、まず初めにチェックするのがガックンチェック。
個体差があって対策するのも簡単なので、参考程度にしかなりませんがガックンするに越したことはありません。

コインを3枚投入し、レバーオン!

スルッ!

ガックンせず。

でも大丈夫!
だってA店は高設定のみガックン対策していますから。

次にチェックするのが初回BIG時のパネフラの有無。
こちらは設定変更後の50%の確率でパネフラするのでかなり有効な設定変更判別の要素です。

MEMO

グレキンは設定変更後の初回BIG終了後に1/2でパネフラします

設定変更後のパネフラ確率
上パネ 37.5%
上下パネ 12.5%
パネ無 50%

そんなパネフラもまずはBIGを引かなくては確認できません。
早くBIGよ当たっておくれ~とペシペシ打つこと投資1,000円の25G。

もはやリセットモーニングとしか思えないような速さで光るハイビスカス。
もしかしたら投資3,000円くらいで移動を繰り返してたら結構な収支になったりして…。

あほなことを考えているうちに終わったBIG終了後には、パネフラはするのでしょうか?

光らず!

はい、パネフラなし。
ということで、ガックン&パネフラ無しと、いただけない朝一の立ち上がりとなりました。

さてどうしよう?
とはならないのが、A店なのです。

A店では高設定で朝一にパネフラしない台が多いんです。
もしかしたら対策しているのかもしれないと思うほどです。
それを確かめる術はあるにはあるのですが…いつか確かめてみようと思います。

とはいえ、ガックン無しでパネフラも無し。
設定上げ狙いでの台選びだけにマイナス要素であることは間違いない事実です。

でもBIG中にスイカも1回出たことですし、もう少し粘ってみますかね。

次に当たったのは持ちコインが飲まれる寸前の217GでBIG。
そして107GでBIGを引き、250Gで引いたBIGで上下パネフラ出現。

少しハマって313GでBIGを引き、35GでまたまたBIG。

REGが引けない展開ですが、もう少しもう少しと粘ってみた結果。

コイン消滅

なんだか周りの状況も良さそうじゃないですし、この日の実践はこれにて終了。
お店に高設定がなければ、どれだけ狙い台を絞っても高設定にはたどりつけません。

閉店後にデータを見ても、この日のA店に高設定と思えるデータはありませんでした。

泣きながら帰宅したのは言うまでもありません。

グレートキングハナハナ実践データ

ボーナス確率
総プレイ数 1360G
BIG 6回(1/226.67)
REG 0回(1/1360.00)
合算 6回(1/226.67)
通常時の小役確率
ベル 185回(1/7.35)
BIG中の判別要素
スイカ 1回(1/144.00)
パネフラ上部 0回(0/6.00)
パネフラ上下 1回(1/6.00)
REG後のパネフラ
パネフラ上部 0回(0/0.00)
パネフラ上下 0回(0/0.00)
レトロサウンドBGM変化
BIG 0回(0/1.00)
REG 0回(0/0.00)
REG中のサイドランプ
青色 0回(0/0.00)
黄色 0回(0/0.00)
緑色 0回(0/0.00)
赤色 0回(0/0.00)
虹色 0回(0/0.00)
奇数示唆 0回(0/0.00)
偶数示唆 0回(0/0.00)
獲得コイン
0枚
収支
-1,000銭
最終データ
総プレイ数 5242G
BIG 18回(1/291.22)
REG 10回(1/524.20)
合算 22回(1/187.21)
スロマガ設定判別
設定1 33.28%
設定2 26.49%
設定3 18.87%
設定4 12.05%
設定5 6.41%
設定6 2.90%

ゾロ目の日の実践データからの設定推測

REGが当たらなければ合算確率は上がってきません。
もしBIGオンリーで合算確率がよかったら…そんなうらやましい台に座ってみたいです。

今回のグレキンは、スロマガツール上、個人的設定推測でも低設定となりました。
設定変更の跡も見えず、REGも引けない上にボーナスも引けなければ粘る理由もありません。

後任者がかなり回してくれたおかげでよいデータが取れてよかったです。

ハナハナイベントの日の朝一の立ち回り

前回は高設定がないお店に高設定を探しに行くという立ち回りをかまして惨敗。
必ずやリベンジということで、コツコツデータを取りながらA店の状況をチェックしていました。

すると、やはり高設定を使っていないお店というわけではないんです。

でもなんだか違和感が…。

そんな違和感を感じつつ、前日にサイトセブンを使って狙い台を絞って迎えた実践当日。
この日はハナハナのイベントということもあり、さすがに濃そうなお客さんが集まっています。

前回同様、ツインドラゴンハナハナは取れないだろうと判断し、グレートキングハナハナにターゲットを定めて入店しました。

入店し、取れないだろうと思っているのについついツインドラゴンの狙い台をチェックした後にグレキンに向かいます。
そして、たぶんそのせいでグレキンの本命狙い台を取り損ねました。

第2候補の台を押さえて実践スタートです。

ハナハナイベントの日のグレートキングハナハナ実践記

ハナハナを打つうえで最初のポイントのガックンチェック。
前回はガックンしませんでした。

今回はガックンするのかな?
コインを3枚投入してレバーオン!

スルッ!

はいっ、今回もガックンしませんでした。

でも大丈夫。
A店はガックンしませんから!

本当に大切なのは初回BIG終了後のパネフラです。

お店の設定担当の方も暇じゃありません。
設定変更した台がパネフラしないようにいちいちBIG引くまで打ってられないでしょう。

だからここからが勝負!
今回も投資1,000円の19Gで幸先よくBIGを引いたその終了後。

ピカピカ

上部パネフラ点滅です。
これで設定変更濃厚となり、あとはこの台が高設定の挙動を示してくれるのみ!

MEMO

グレキンは設定変更後の初回BIG終了後に1/2でパネフラします

設定変更後のパネフラ確率
上パネ 37.5%
上下パネ 12.5%
パネ無 50%

次に当たったのは持ちコインの30G。
このBIGでスイカが1回出現し、終了後には上部パネフラ。
さらに109GでBIG、スイカが2回出現します。

おー、なんだか良さそうな立ち上がり☆

さらにさらに19G、59GでREGを引き、サイドランプはどちらも緑色。
もひとつおまけに38GでBIGを引き上部パネフラ出現します。

もしかして高設定!?

淡い期待を抱きつつ、ペシペシ打っていきます。
179G、174G、131G、200GでBIGを引き、スイカと上下パネフラが2回づつ出現。

もしかしたら高設定!?

高設定なら閉店コースですが、そうは問屋が卸さないのがハナハナでした。
ここからハマりとハナ連を繰り返す展開が続きますが、ボーナス合算は落ちてコインがじわじわと減っていきます。

どうにか我慢しながら打ち続けますが、最後に訪れた

577Gハマり

でギブアップ。

1000枚ちょっとのコインを流して実践終了です。
この日の店内状況としては、ツインドラゴンに高設定らしき台が2台。
ニューキングに高設定らしき台が1台ありました。

今更ですが、グレキンにも高設定はあったんだろうなと。

今更ですがね。

グレートキングハナハナ実践データ

ボーナス確率
総プレイ数 3090G
BIG 14回(1/220.71)
REG 8回(1/386.25)
合算 22回(1/140.45)
通常時の小役確率
ベル 431回(1/7.17)
BIG中の判別要素
スイカ 8回(1/42.00)
パネフラ上部 4回(1/3.50)
パネフラ上下 3回(1/4.67)
REG後のパネフラ
パネフラ上部 0回(0/8.00)
パネフラ上下 0回(0/8.00)
レトロサウンドBGM変化
BIG 0回(0/4.00)
REG 0回(0/5.00)
REG中のサイドランプ
青色 0回(0/0.00)
黄色 3回(1/2.67)
緑色 3回(1/2.67)
赤色 2回(1/4.00)
虹色 0回(0/0.00)
奇数示唆 3回(1/2.67)
偶数示唆 5回(1/1.60)
獲得コイン
1269枚
収支
22,000銭
最終データ
総プレイ数 8015G
BIG 28回(1/286.25)
REG 24回(1/333.96)
合算 52回(1/154.13)
スロマガ設定判別
設定1 0.45%
設定2 3.89%
設定3 6.11%
設定4 30.54%
設定5 21.34%
設定6 37.66%

ハナハナイベントの日の実践データからの設定推測

この日打ったグレキンは数値的にはよかったです。
ベルやパネフラやサイドランプの数値がよく、BIG中のスイカが若干弱いだけでした。

この日のトータルデータをスロマガツールにかけたのが上の数値です。
設定6or設定4が濃厚で、次に設定5のパーセンテージが高くなっています。

個人的なデータだけをスロマガツールにかけてみると。
設定6が49.24%、設定4が22.08%、設定5が17.52%となりました。

この数値が何を意味しているのかは実践の振り返りでお話ししましょう。

2日間の実践の振り返り

まずはゾロ目の日の振り返りから。

ゾロの目の日は完全にお店選びに失敗し、高設定がないお店に打ちに行ってしまいました。
それでも、低投資で当たってくれたおかげで持ちコインで打つことができ、その間にお店の状況を把握することができました。

そのおかげで、持ちコインが飲まれた段階で実践を終了することができました。

次にハナハナのイベントの日の振り返りです。

ハナハナイベントの日は、あとになってデータを振り返ってみると、各ハナハナに高設定らしき台が用意されていました。
そして自分が打っていた台では、ボーナスこそ当たらないものの、設定推測要素は悪くなく、高設定の可能性を十二分に残した状態での実践終了となりました。

お店が信頼できなければ挙動が悪い台を粘ることは難しいです。

ですが、その日は損しても将来につながるような立ち回りをすることも大切です。
今回のような中途半端なボーナス履歴の台でも、高設定だったということを自分だけが知っているのは強みです。

ですが、今となってはこの台が高設定だったのかはわかりません。

結論的にはこういう積み重ねが将来の収支を左右するということを再確認できたということが、今回の実践の収穫だったということにしておこうかなと。

そんなことを思う今日この頃です。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


ポチの数だけチャンスアップ♪

質問・疑問にお応えします♪
コメントやお問い合わせはお気軽に!

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

激アツブログの最新情報を
お届けします

Twitterで激アツブログをフォローしよう!