【ドラゴンハナハナ】BIG中のハイビスカス

8月7日はハナハナの日です。
これは、ハナハナシリーズの製造元のパイオニアさんが、ハナハナのPRのために定めた日です。

ハナハナの日は、日本記念日協会に認定されており、5月5日のジャグラーの日とともにスロットユーザーに認知されている日でもあります。

パチスロ機の製造・販売を手がけ、東大阪市に本社を置く株式会社パイオニアが自社の人気パチスロ「ハナハナ」シリーズをPRするために制定。日付は8と7でシリーズ名の「ハナハナ」と読む語呂合わせと、機種イメージが夏であることから。機種名の「ハナハナ」の語源は沖縄の言葉で「乾杯」を意味している。

引用:日本記念日協会

今回は、そんな8月7日のハナハナの日に、有給とってパチスロに行ってきたクズ野郎の稼働日記です。

実戦のお話

ブログランキング・にほんブログ村へ

8月7日はハナハナの日です。
どのお店もハナハナのイベントを行っているアツそうな日です。

どのお店に行こうか非常に迷うところですが、そこは前日にサイトセブンを使ってしっかりお店のデータを取って熟考します。

今の段階では、8月7日のユーザー期待度やお店の状況もわかりません。
そんな理由から、朝一は7のつく日が強くてハナハナ押しのいつものお店に行ってみることにしました。

サイトセブンとはサイトセブンはホールデータが見れるWEBサイトです。

サイトセブンに登録すれば、スマホでお店のデータを見ることができるようになります。
スマホでお店のデータを見れるようになると、お店に行かなくてもお店のデータを取ることができるようになりますし、お店に行かなくても翌日の狙い台を絞ることができるようになります。

データ取りのすべてが自宅で完結するため、複数店舗のデータ取り、遠方のお店のデータ取りなど、効率よくお店のデータを取ることができるとても便利なツールです。

7のつく日のハナハナ押しのお店での実践

8月7日のハナハナの日というのが何もわからない現状。
朝は少しだけ早くお店に行って、並びがきつそうだったら他のお店に移動する作戦で家を出ました。

お店に到着したのは開店15分前。
何人並んでいるかは不明でしたが、けっこうな人が並んでいました。

どうしようかな…なんて思いつつ、全員が全員ハナハナに行かないだろうということで、このお店で開店まで待ってみることにしました。

開店時間が近づくと、続々と集まってくる人・人・人。
開店と同時にハナハナのシマへ向かうも空き台は無し…。

そのまま次のお店へ向かうことになりました。

7のつく日が強いながらも設定6が期待薄のお店

1店舗目のお店では思わぬ並びの人数に、台が取れないという大失態。
急いで向かった2店舗目のお店は、こちらも7のつく日が強くてハナハナ押しのお店です。

しかしこのお店は、おそらく設定4をメインに使っている印象のお店です。
特定のかなり強い日以外には設定6を置かないので、この日がかなり強い日かどうかは微妙なところです。

お店に到着したのはお店が開店してから10分後のことでした。

入店しハナハナコーナーへ向かうと、予想外にたくさんいるお客さん。
あぁ…やってしまったなと思いつつ、ハナハナ鳳凰の空き台の中から1台を選んで実践スタートです。

投資1,000円の1G目。
リールは据え置きっぽいガックンをしました。

とりあえずBIGが1回当たるまではやってみようと思った10G目。
なんとチェリー重複でBIGが当たりました。
そして、このBIGでスイカが1回出現するも、パネフラは無し。

設定差の大きいチェリー重複が朝一に当たってテンションがUp、パネフラが出ないことでテンションは一気にDown…。
天国と地獄とはまさにこのことですが、とりあえずコインが飲まれるまでは打ってみようと打った結果、コインは見事に全飲まれ…。

さてどうしようかと店内を回り、まだ朝一台のドリームハナハナをガックンチェックしていくも、そのほとんどの台がガックンする現状に打てそうな台が絞れません。

そんな中で、朝一状態の台ではないですが、高設定が入りそうなハナハナ鳳凰を押さえて勝負再会です。

投資2,000円で幸先よくBIGを引き、このBIG終了後に上部パネフラが点滅。
これでこの台の設定変更が濃厚となり、後はこの台の設定が6であることを祈って打つべしです。

ペシペシ打っていくと、コンスタントに当たるボーナスとBIG中にバシバシ落ちる抜群のスイカ確率。
そんな高設定を思わせる状況とは反対に、打てども打てどもまったく上がってこない通常時のベル確率。

REGのサイドランプも偶数設定示唆だったのですが、この台をヤメる英断をしました。

そんなハナハナ鳳凰のデータです。

ボーナス確率
総プレイ数 1210G
BIG 4回(1/302.50)
REG 5回(1/242.00)
合算 9回(1/134.44)
通常時の小役確率
ベル 154回(1/7.86)
BIG中の判別要素
スイカ 6回(1/16.00)
パネフラ上部 2回(1/3.00)
パネフラ上下 0回(0/4.00)
REG後のパネフラ
パネフラ上部 0回(0/5.00)
パネフラ上下 0回(0/5.00)
レトロサウンドBGM変化
BIG 0回(0/1.00)
REG中のサイドランプ
左(黄) 1回(1/5.00)
左(緑) 0回(0/5.00)
左(赤) 0回(0/5.00)
右(黄) 3回(1/1.67)
右(緑) 1回(1/5.00)
右(赤) 0回(0/5.00)
左(合算) 1回(1/5.00)
右(合算) 5回(1/1.25)
収支
4,000円
スロマガ設定判別
設定1 1.97%
設定2 16.26%
設定3 7.46%
設定4 43.68%
設定5 9.70%
設定6 20.92%

実践データからの設定推測

ボーナスの確率、BIG中のスイカ出現率、REG中のサイドランプなど、設定6の可能性が激高のハナハナ鳳凰です。
個人的な数値をスロマガツールにかけてみると、設定6の数値が一番高い39.95%となり、次に設定4が34.45%という数値になりました。

この日のこの台のトータルの数値をスロマガツールにかけた結果が上の数値です。
最終的なボーナス確率は合算で1/165.62となっており、設定4が43.68%となりました。

個人的設定推測ですが、この台はあっても設定4だということでヤメる判断に至りました。
やっぱりどれだけ他の数値が良くても、通常時のベル確率第一主義の自分には我慢なりませんでした。
まぁ、結果だけ見れば正解の判断だったのでよかったです♪

ハナハナのイベントではないけども、強い示唆のあったマイホーム

2店舗目のお店を後にして、向かうはマイホームです。
この日のマイホームは、ハナハナのイベントではありませんが、強い示唆がありました。

今になって冷静に考えてみると、マイホームに強い示唆がある日はかなりの好状況が期待できるんでした…。

マイホームに到着したのはお昼過ぎ。
入店し、まずは店内をチェックします。

お客さんの数はまばらながらも、しっかり高設定らしき台がありそうです。
こうなってくると、空き台の中から選ぶ台は慎重にということで、まだ朝一台だったドラゴンハナハナをキープします。

なぜこの誰も触らなかったドラゴンハナハナを選んだのかと言うとですね。
それは、マイホームは誰も触らないであろう台に高設定をぶち込んでくることが多い傾向があるからです。

全部が全部そうではないため、それに気づいているスロプー達は数少ないです。
そんな傾向があるため、マイホームは空き台にけっこうチャンスがあります。

話を戻していざ実践です!

ドラゴンハナハナのスペック

ドラゴンハナハナ

基本情報
メーカー パイオニア
タイプ Aタイプ
有効ライン 5ライン
設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/297 1/496 1/186 96%
2 1/287 1/464 1/177 98%
3 1/275 1/431 1/168 101%
4 1/262 1/397 1/157 104%
5 1/248 1/366 1/147 107%
6 1/235 1/336 1/138 111%
設定 通常時のベル BIG中のスイカ
1 1/7.78 1/49.78
2 1/7.67 1/39.55
3 1/7.48 1/33.79
4 1/7.51 1/34.10
5 1/7.50 1/36.60
6 1/7.48 1/33.01

引用元:パチマガスロマガ攻略

ドラゴンハナハナの実践

ブログランキング・にほんブログ村へ

投資1,000円目。
2店舗目のお店で打ったハナハナ鳳凰とは打って変わってバシバシ落ちる通常時のベル。

投資2,000円目。
相変わらずバシバシ落ちる通常時のベル。

投資3,000円目。
これでもかと言うくらいバシバシ落ちる通常時のベル。

投資4,000円目。
ハイビスカス点滅!このボーナスがBIGでナイスな立ち上がりです♪

ここから間髪入れずにハナ連し、BIG中のスイカも出現します。

その後、ペシペシ打ち続けていくとじわじわ落ちていく通常時のベル確率。
なんだか嫌な予感がするな…なんて思っていたところで隣の良さげな台が空き台に!

BIG超先行型のドラゴンハナハナですが、ここは思い切って移動してみることにしました。

ボーナス確率
総プレイ数 2273G
BIG 14回(1/162.36)
REG 4回(1/568.25)
合算 18回(1/126.28)

今考えると、普段なら絶対に移動しないデータの台です…。

この日は8月7日。
ハナハナの日ということもあってか、この時は完全に思考回路が停止していました。

さて、そんなこと書いてしまうとこの先の展開が読めてしまいますが、まさにその通りです。
移動したドラゴンハナハナは持ちコイン移動してきた500枚ちょっとのコインをすべて飲み込んでしまいました…。

この結果、コインの消滅とともにやる気のほうも消滅してしまい、この日の実践を終了するのでした。

このデータは移動前のドラゴンハナハナのデータです。

ボーナス確率
総プレイ数 591G
BIG 3回(1/197.00)
REG 1回(1/591.00)
合算 4回(1/147.75)
通常時の小役確率
ベル 79回(1/7.48)
BIG中の判別要素
スイカ 2回(1/36.00)
パネフラ 0回(0/3.00)
REG後のパネフラ
パネフラ 0回(0/1.00)
REG中のサイドランプ
左点滅 1回(1/1.00)
右点滅 0回(0/1.00)
中点滅 0回(0/1.00)
収支
5,000円
スロマガ設定判別
設定1 23.90%
設定2 16.70%
設定3 23.93%
設定4 13.40%
設定5 14.60%
設定6 7.47%

実践データからの設定推測

たったこれだけ回したくらいでは設定云々言うことはナンセンスってもんです。
しいて言うのなら、まだまだ可能性はある台なので、ヤメるべき台ではなかったです。

結果的にこの台は、この後も高設定の挙動をしませんでした。

ただし、こういうことを繰り返していると、大きな獲物を逃してしまうことになるので、早く軌道修正をしたいところです。

本日の実践の振り返り

今回の実践日は8月7日のハナハナの日でした。

初のハナハナの日の実践は、正直言ってお客さんの期待度の高さ予想以上でした。
平日に台が取れなくなるくらいのお客さんの数は、全くもって予想外でした。

この結果、根拠のない店移動を繰り返し、ふわふわしたままなんとなく実践が終了となりました。

並ぶのが嫌で、こういう大きなイベントはなるべく避けてきたスロット人生です。
そんな、予想以上の盛り上がりを見せたハナハナの日ですが、収穫がなかったわけではありません。

この大きな収穫を来年度に活かすことができれば間違いなく高設定にたどり着けるなと。
そして、来年度にこの経験を活かすためには、また8月7日に有給を取ることになるクズ人生…。

そんなことを思う今日この頃です。


▼ブログランキング参加中▼

ポチの数だけチャンスアップ♪

質問・疑問にお応えします♪
コメントやお問い合わせはお気軽に!

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

激アツブログの最新情報を
お届けします

Twitterで激アツブログをフォローしよう!