グレートキングハナハナ実践記

通常時に小役がバンバン落ちてコイン持ちが良い。
それすなわち、投資スピードが遅くなるということです。

ハナハナにおける通常時の設定差のある小役と言えば『ベル』です。
このベルは設定が高くなるほど出現率が高くなり、高設定ほどコイン持ちが良くなっていきます。

しかしながら、ベル出現率自体にそこまで大きな差があるわけではないので、少ない試行回数での判断は厳禁です。

今回は、そんなベル出現率が激高だけどもボーナスがなかなか当たらないハナハナの実践記です。

実戦のお話

にほんブログ村 スロットブログへ

11月某日。
この日は平日です。
サラリーマンの特権、代休休暇を取ったこの日は、朝からちょっくら遠出しての実践です。

高速をぶっ飛ばして約1時間ほどのところにある今回の実践店のA店。
初見のお店でWEBからデータが見れないお店ですが、最近流行りのYouTubeで知ったお店です。

話はそれますが、YouTubeってものすごい宣伝効果がありますね。
だってYouTubeに出ている良さそうなお店って、どれだけ遠くのお店でも行ってみたいと思ってしまいますから。

こうやって一つの媒体で全国的に宣伝できるYouTubeは人を大きく動かす力があるんだな。
なんて思ってしまいます。

さて、話を実戦に戻してと。

自宅から1時間もかけて行くのだから、台が取れませんでしただけは避けたいところ。
そしてお目当てのハナハナがある位置も、どれだけお客さんがいるかもわからない状況の中、YouTube動画の宣伝効果にビビりまして、並ばない屋が開店15分前にお店に到着です。

お店に到着してみると、並び人数はなんと思いっきり拍子抜けの3人。
それにプラスして、おそらく自分と同じ考えでA店に来て、同じく拍子抜けしたであろうお客さんが5名ほど車の中で待機しています。

ようやく開店です。

10名ほど並んだ列の最後尾から入場し、前のお客さんがハナハナコーナーへ向かうと信じて着いてきます。
すると、なんとすべてのお客さんはハナハナコーナーへ。

余裕のよっちゃんでグレートキングハナハナを押さえてようやくこの日の実践スタートです。

グレートキングハナハナのスペック

グレートキングハナハナ

基本情報
メーカー パイオニア
タイプ Aタイプ
有効ライン 5ライン
ボーナス確率
設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/299 1/496 1/186 96%
2 1/288 1/468 1/178 98%
3 1/278 1/436 1/170 101%
4 1/268 1/407 1/161 104%
5 1/255 1/374 1/151 107%
6 1/234 1/336 1/138 112%

引用元:パチマガスロマガ攻略

グレートキングハナハナの実践

右も左も上も下も分からない状況での立ち回りで気を付けることは、

チョロついて負債を増やさないこと!

です。

周りの状況を確認しながら投資すること6,000円の184G。
ようやく咲いたハイビスカスは、ホッと一安心のBIGでした。

このBIGではスイカは落ちませんでしたが、上部パネフラが出現し、設定変更の可能性が上がりました。

ハナハナワンポイントチェック

グレートキングハナハナは、設定変更後の朝一のBIG終了後の1/2でパネフラが出現します。
なので、朝一のガックンチェックと、BIG終了後のパネフラの有無である程度の設定変更を見抜くことができます。
パネフラの有無は、上部のみパネフラよりも、上下パネフラのほうが出現率が低いため、こちらの方が信頼度が上がります。

ただし、ガックンチェックはお店の状況によりますし、パネフラが出現しても据え置きでたまたま引いてしまった可能性もあり得ます。
もっと言えば、設定変更だとしてもそれが高設定への変更とは限りませんのでそこに過度の期待は禁物です。

その後の実践はダイジェストでお送りします!

69G:REG・サイドランプは緑色
246G:BIG・上下パネフラ
コインが飲まれて追加投資3,000円346G:BIG。
175G:BIG
4G:BIG
53G:REG・サイドランプは青色
202G:BIG
193G:REG・サイドランプは黄色

ただ今の設定推測要素はというと…

ボーナス確率は激悪。
BIG6回でスイカ0回。
1500Gほど回してベル出現率は1/7.1付近を行ったり来たり。
サイドランプは若干の奇数より。

通常時のベル出現率の良さのおかげで投資がかなり抑えられていますが、ボーナスがあまりにも重く、BIG中のスイカはいまだに0回。
こんな感じになっていますが、どうなんでしょうね?

こんな時の判断は簡単です♪
おそらく設定6はないだろうということで、持っているコインを流して実践を終了しました。

そんな、グレートキングハナハナの実践データです。

ボーナス確率
総プレイ数 1650G
BIG 6回(1/275.00)
REG 3回(1/550.00)
合算 9回(1/183.33)
通常時の小役確率
ベル 232回(1/7.11)
BIG中の判別要素
スイカ 0回(0/144.00)
パネフラ上部 1回(1/6.00)
パネフラ上下 1回(1/6.00)
REG後のパネフラ
パネフラ上部 0回(0/3.00)
パネフラ上下 0回(0/3.00)
レトロサウンドBGM変化
BIG 0回(0/1.00)
REG中のサイドランプ
青色 1回(1/3.00)
黄色 1回(1/3.00)
緑色 1回(1/3.00)
赤色 0回(0/3.00)
虹色 0回(0/3.00)
奇数示唆 2回(1/1.50)
偶数示唆 1回(1/3.00)
収支
-1,000円
スロマガ設定判別
設定1 0.00%
設定2 0.00%
設定3 0.00%
設定4 0.00%
設定5 0.00%
設定6 0.00%

実践データからの設定推測

スロマガツールでは、まだグレートキングハナハナの設定判別ツールが使えないので雰囲気で設定推測をしていきます。

今までのハナハナの設定推測からすると、今回打った台はおそらく中間設定くらいだろうという感じです。
良いところと悪いところがはっきりしている場合、高設定ではないことが多かった経験則から今回のグレートキングハナハナは中間設定以下と予想しておきます。

WEBからデータが見れないお店なので、その後のデータもわかりませんが、とにかく謎多きグレートキングハナハナでした。

本日の実践の振り返り

にほんブログ村 スロットブログへ

本日の実践を振り返っていきましょう!

YouTubeで見つけた初見でWEBからデータの見れない自宅から1時間かかる今回の実践店。
はっきり言って、このお店に行くこと自体かなりのリスクを背負っての来店でした。

本来、ギャンブルに向いていない性格の自分。
結果はやっぱりなというところで高設定と思われる台にはありつけませんでした。

物事は本来、成功するべくして成功するものです。

勝つべくして勝つ!

これは、何にでもあてはまる物事の原理原則です。

パチスロで勝つためには、勝てる行動を繰り返すことで収支が上がっていきます。
今回のプチ遠征はそんな原理原則に反した行動なので、これだけの傷で済んでよかったです。

まぁ、ただ、そんないつもと違うギャンブル的なプチ遠征もたまにはいいもんだなと。
そんなことを思う今日この頃です。


▼ブログランキング参加中▼

1日1ポチお願いします♪

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

激アツブログの最新情報を
お届けします

Twitterで激アツブログをフォローしよう!