【ハナハナ鳳凰】ベルが全然取れません

最近この手のパターンでブログを書くことが多いですね。
ハナハナにおける最重要設定推測要素のボーナス確率と通常時のベル確率。

この2つの数値が揃ってこそ、追い求めている設定6だと思っています。

今回は、そんなボーナス確率と通常時のベル確率で迷いに迷った実践記です。

実戦のお話

にほんブログ村 スロットブログへ

11月某日。
3連休最終日のこの日は、5のつく日です。

5のつく日と言えば、マイホームの強い日です。
しかし、今回実践したお店は5のつく日のジャグラーシリーズがめちゃめちゃ強いお店、A店です。

何故そんな選択をしたのか?
それは、A店の5のつく日はジャグラーシリーズがめちゃめちゃ強いだけではなく、ハナハナシリーズにも高設定らしき台があるからです。
しかも、朝一のほぼすべてのお客さんはジャグラーシリーズに流れていき、ハナハナシリーズの台確保が容易だからです。

高設定があって台取りが楽チンならば行かない手はありません。
そんな状況の中、前日にいつものようにサイトセブンでデータを取りつつ、狙い台を絞って翌日を迎えます。

実践当日

自宅から高速を飛ばして1時間ほどかかるA店。
遅刻だけは避けたいと少し早めに自宅を出ました。

お店に到着したのは開店40分前のことでした。
早すぎる到着でしたが、なんとお店に着いたと同時に整理券の抽選が行われるというではありませんか!

これはナイスということで、抽選を受けた結果は34番でした。
おそらく200人以上並んでいる中で34番はラッキーでした。

開店までコンビニで時間をつぶしてようやく入場が始まります。
前のお客さんがみんなジャグラーに走る中、自分はゆうゆうとハナハナのシマへ。

一通りガックンチェックを済ませた後、狙い台のガックン台のハナハナ鳳凰をキープして実践スタートです。

ハナハナ鳳凰のスペック

ハナハナ鳳凰

機種情報
メーカー パイオニア
タイプ Aタイプ
有効ライン 5ライン
ボーナス確率
設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/299 1/496 1/186 96%
2 1/290 1/468 1/179 98%
3 1/277 1/434 1/169 101%
4 1/264 1/399 1/159 104%
5 1/250 1/368 1/148 107%
6 1/233 1/332 1/137 112%
設定推測要素
設定 通常時のベル BIG中のスイカ
1 1/7.72 1/50.26
2 1/7.54 1/44.94
3 1/7.58 1/39.63
4 1/7.41 1/36.18
5 1/7.35 1/34.54
6 1/7.26 1/31.76

引用元:パチマガスロマガ攻略

ハナハナ鳳凰の実践

にほんブログ村 スロットブログへ

さっきまで閑古鳥が鳴いていたハナハナのシマも、打ち出すころには満席になっていました。

そんな中でペシペシ打っていた投資2,000円の58G目。
この日も幸先よくハイビスカスが点滅してくれました!

このボーナスはREGでサイドランプは左黄色。
次にハイビスカスが点滅したのはREG終了後の15G目でした。

このボーナスが待望のBIGでBIG終了後に上下パネフラが出現!
設定変更後の最初のBIGの1/2でパネフラが出現するハナハナ鳳凰。
この上下パネフラ出現で設定変更濃厚となりました。

気分上々でペシペシ打っていくと、小気味よく当たるボーナス!
持ちコインは1000枚を超え、まずはまとまったコインを確保できて一安心。

現金投資することなく設定推測を行える状況はとてもありがたいです!感謝

ペシペシ打っていくと、REG先行ながらポコポコ当たるボーナス。
設定推測要素はベル確率以外は軒並み様子見と言ったところです。

これで通常時のベル確率がもう少し上がってきたらタコ粘りだな…なんて思いながら打ち続けていきますが…。

いっこうに上がらないベル確率

はいこれヤメるレベルです!
と、コインを持って席を立った瞬間に、ヤメるのを待っていたハイエナ小僧にソッコー台をキープされました。

残念だけど、その台はもう出ませんよ…。
なんてことを心の中で思いつつ、ジェットカウンターにコインを流してこの日の実践を終了するのでした。

今回のハナハナ鳳凰の実践データはこんな感じになりました!

ボーナス確率
総プレイ数 2050G
BIG 7回(1/292.86)
REG 9回(1/227.78)
合算 16回(1/128.13)
通常時の小役確率
ベル 261回(1/7.85)
BIG中の判別要素
スイカ 4回(1/42.00)
パネフラ上部 0回(0/7.00)
パネフラ上下 1回(1/7.00)
REG後のパネフラ
パネフラ上部 0回(0/9.00)
パネフラ上下 0回(0/9.00)
レトロサウンドBGM変化
BIG 0回(0/4.00)
REG中のサイドランプ
左(黄) 5回(1/1.80)
左(緑) 0回(0/9.00)
左(赤) 0回(0/9.00)
右(黄) 4回(1/2.25)
右(緑) 0回(0/9.00)
右(赤) 0回(0/9.00)
左(合算) 5回(1/1.80)
右(合算) 4回(1/2.25)
収支
7,000円
スロマガ設定判別
設定1 15.24%
設定2 13.57%
設定3 29.08%
設定4 15.75%
設定5 18.31%
設定6 8.06%

実践データからの設定推測

この1日のトータルのデータをスロマガツールにかけた数値が上の数値です。
1日トータルでは設定3濃厚となりましたが、個人的な数値だけをスロマガツールにかけてみると、設定5の数値が23.10%、次に設定6の数値が22.27%、次に設定3の21.17%となりました。

最終的な結果として、差玉がマイナス域に行っていたのでおそらく高設定ではないと思っています。
逆に、もしこの台が高設定だったとしても、何の悔いもありませんでしたが。

本日の実践の振り返り

本日の振り返りです。

まずはお店選びから。
この日訪れたA店のハナハナコーナーには高設定と思われる台がありませんでした。

高設定のないお店へ高設定を狙いに行っても高設定に座れるわけはなく、完全なチョイスミスでした。

次に台の見切りについてです。
低投資で当たってくれて、持ちコインで試行回数を増やすことができました。

打っていた台をヤメる際にスロマガツールにかけたところ、設定5・6の可能性が高かったのにもかかわらず、ヤメる決断ができたのは良かったと思います。
結果的にもこの台は終日打ち切られていたにもかかわらず、差玉はマイナス域に達していましたし、これはファインプレーだったのではないでしょうか。

この結果から見るに、ハナハナシリーズはやはりボーナス出現率+通常時のベル確率の両方が揃ってこそだと改めて思いました。
この通常時の設定推測要素にプラスして、BIG中のスイカやパネフラ、REG中のサイドランプなどを付け足していくことがうまく設定を見切るポイントかなと。

とは言え、まずは高設定のあるお店に行かなければ意味はありません。
もう一度お店調査をしっかりして、設定6を掴める立ち回りをしなくてはなと。

そんなことを思う今日この頃です。


▼ブログランキング参加中▼

ポチの数だけチャンスアップ♪

質問・疑問にお応えします♪
コメントやお問い合わせはお気軽に!

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

激アツブログの最新情報を
お届けします

Twitterで激アツブログをフォローしよう!