【ニューキングハナハナ】ベル重複アメージング

設定6を打つためには、設定6の置いてあるお店へ行かなくてはなりません。
過去のデータなどから設定6を使っているかを見極めて、お店選びをするのもパチスロのおもしろさの一つだと思っています。

そんな中で、『このお店は設定6ないだろー』なんて思っているお店で打つこともあったりします。

今回は、そんな設定6がないと思っているお店での実践記です。

この日は、友人と一緒に打ちに行きました。
前日にマイホームの状況を伝えたところ、ぜひお供したいということで、連れ打ちです。

朝起きて、前日うちにお泊りした友人とともに朝食を済ませつつ、開店5分前にお店へ到着しました。

日曜日だけあってこの日の並び人数は多く、もしかしたら台が取れないかもね。
なんて話をしていると、なぜかやる気満々の友人が並びたいとのことで、嫌々ながらちょっとだけ付き合って並びました。

開店し、最後尾より少し前でお店に入店。
お互い狙い台に向かうも、友人は狙い台の確保ならず。

自分は無事に狙い台を確保することができました。
この台が高設定であるとは限りませんが、台が取れなかった友人にこの台を譲りました。

そして自分は昨日打っていたドラゴンハナハナの据え置き狙いで台を押さえ、本日の実践スタートです。

前日とリールの出目は変わってない模様。
1G目のリールガックンはというと…したようなしてないような…。

仕込も残っていたことですし、もしかしたら据え置きかも…なんて思いながペシペシ打つこと2,000円目。

ハイビスカス点滅!

これがBIGで、BIG中にスイカが1回出現。
その後すぐにREGを引き、サイドランプは左点滅。

う~ん、何とも言えないけど…一度冷静になってよく確認してみると、なんと!

仕込み失敗してるやん!

と言う大失態に気づいてしまいました…。

これにより、もともと前日に出ちゃった台の据え置きが期待しにくいお店だけに、一気にアウトの予感がしてきました。
とりあえずコインが飲まれるまで打ち続け、たぶんダメだろうということでこの台をやめました。やっぱりダメでした…

さてどうしよう?
店内を回るも打てそうな台はありません。

友人は調子良さそうに当たっていることですし、自分はお店を移動することにしました。

次に訪れたのはマイホームの近くにある2のつく日が強いお店です。
このお店はほぼ常連さんでにぎわっているお店です。

昔はだいぶお世話になりましたが、ひさしぶりの来店です。

状況的には設定6らしき台もたまにあるのですが、コンスタントにそういう台がないため、もしかしたらたまたまたくさん当たってしまった可能性もあるのでちょっと本腰いれては打ちに行きづらい感じです。

入店し、店内を回るとお店はいつものように程よくにぎわっていました。
普段からデータを取っているお店なので、なんとなくの出玉状況はつかめています。

お客さんの層は、昔からいる常連さんに加え、若いお客さんがちょっぴり増えている感じでした。

店内を細かくチェックし、友人を待っている間の試し打ちということで、空き台の中から設定が入りそうなニューキングハナハナをキープしました。

あっても設定5だろうな…そんな気持ちで打ち出すこと2000円目の51G、幸先よくBIGを引くことができました。
その後、115GでBIGを引き、立て続けにREGを2回引きます。

ここからハナ連し、持ちコインは一気に1000枚オーバー。

【ニューキングハナハナ】葉っぱだけのプレミアム点滅

ここまでの設定推測要素は偶数上よりの数値です。
むしろ設定6の可能性がかなり高い状態です。

ただ引っかかるのは、このお店に設定6がないと思っていることです。

お店に設定6がなければ、どれだけ数値が良くてもそれはたんなる偏りなわけで…。

それを確かめるためには打ち続けるしかないんですが、いつかはハマるんだろうな…そんなことを思いつつペシペシ打っていきます。

しかし、そんな思いとは裏腹に台は絶好調!
510Gのゴッド天井こそ来たものの、それ以外は300G以上のハマりがほぼないまま順調にコインを増やしていきます。

【ニューキングハナハナ】BAR下段からのリーチ目

【ニューキングハナハナ】うっすら点滅するプレムアム点滅

気づけば持ちコインは3000枚オーバー。

気づけば持ちコインは4000枚オーバー。

気づけば持ちコインは5000枚オーバー。

設定推測要素はBIG中のスイカの出現率とREG中のサイドランプ以外は文句なく設定6を振り切っています。

ただ、ここまで来てもこのお店に設定6はないと思っていますから…。

どれだけ当たっても気分が晴れることはなく、この日の実践を終了しました。

今回のニューキングハナハナはこんな感じのデータになりました。

ボーナス確率
総プレイ数 8015G
BIG 40回(1/200.38)
REG 25回(1/320.60)
合算 65回(1/123.31)
通常時の小役確率
ベル 1174回(1/6.83)
BIG中の判別要素
スイカ 24回(1/40.00)
パネフラ 5回(1/8.00)
レトロサウンドBGM変化
BIG 1回(1/19.00)
REG 1回(1/2.00)
REG中のサイドランプ
9回(1/2.78)
16回(1/1.56)
両方 0回(0/25.00)
収支
94,000円
スロマガ設定判別
設定1 0.00%
設定2 1.11%
設定3 0.47%
設定4 14.63%
設定5 4.93%
設定6 78.85%

どうなんでしょうね?
スロマガツールでは文句なく設定6と出ています。

ボーナス確率・通常時のベル確率といった、一番サンプルが取れる部分は設定6をぶっちぎっています。
しかし、BIG中のスイカ出現率は低く、REG中のサイドランプは右(偶数)にかなり寄っています。

この悪い部分の数値とお店の状況を踏まえると、やはり設定4が妥当な判断なんじゃないかなと思っています。

どちらにしても、今回の実践では次回以降に期待ができるようなデータを取れたことは間違いありません。

焦らずじっくり見極める必要があるのは間違いありませんが、今後の楽しみが1つ増えたことも間違いありません。

今日の振り返りです。

この日は友人と一緒に打ちに行きました。
朝一取れた狙い台を友人に譲り(ノリ打ちでもなんでもないですが)、自分は自分の引き出しで立ち回った一日でした。

友人に譲った台はと言うと、朝一から怒涛のハナ連で2000枚以上のコインを出したそうです。

ただ、自分は友人にこの台をヤメることを勧めました。

なぜかと言うと、他店からお店のデータをWEBで見つつ、友人には途中経過を聞いていたところ、当たり台ではないと判断したからです。

しかし友人はそのまま突っ張ってしまいコインは全飲まれしたようです。

友人は設定推測要素のデータを取らないタイプのスロッターです。

もし、設定推測要素のデータを取っていたならば、もっと早く見切ることができたでしょう。
そうすれば自分のアドバイスより早く見切ることができたはずですし、収支がプラスの状態でヤメることができたはずです。

そう考えるととてももったいないと思いますし、そういうことの積み重ねがいかに大切なのかと言うことを再確認することができました。

個人的には、今回は設定6がないと思っていたお店でまさかの大勝利を収めることができました。
この台が設定6だったかどうかはお店の人にしかわかりません。

できることならばこの台が設定6であってくれるとうれしいなと、そんなことを思う今日この頃です。


▼ブログランキング参加中▼

1日1ポチお願いします♪

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

激アツブログの最新情報を
お届けします

Twitterで激アツブログをフォローしよう!