押忍!サラリーマン番長

ついにホールデビューしました話題の新機種!

パチスロ 押忍!サラリーマン番長

近隣の大型店舗には「40台以上の設置」とかなりの台数が設置されていました。
まずはそんな、パチスロ 押忍!サラリーマン番長のスペックをおさらいしましょう。

パチスロ 押忍!サラリーマン番長 ボーナス出現率

設定 ボーナス AT(頂RUSH)
1 1/295.9 1/623.1
2 1/282.8 1/569.7
3 1/281.0 1/582.6
4 1/265.3 1/497.2
5 1/256.6 1/523.5
6 1/241.4 1/374.9

パチスロ 押忍!サラリーマン番長 ボーナス+AT・出玉率

設定 ボーナス+AT 出玉率
1 1/200.6 97.5%
2 1/189.0 99.4%
3 1/189.6 101.3%
4 1/173.0 104.4%
5 1/172.2 108.3%
6 1/146.9 114.5%

パチスロ 押忍!サラリーマン番長 モード別天井

設定 天井ゲーム数 天井内容
通常モードA 999G ボーナス
通常モードB 999G ボーナス
通常モードC 1069G ボーナス&次回天国モード
天国モード 96G ボーナス

パチスロ 押忍!サラリーマン番長 各ボーナスの詳細

赤7番長ボーナス詳細

  • 継続ゲーム数:40~100G
  • AT「頂RUSH」突入契機:ボーナス中の7図柄揃い
  • AT「頂RUSH」当選期待度:約30%

青7番長ボーナス詳細

  • 継続ゲーム数:40~100G
  • AT「頂RUSH」突入契機:ボーナス中の7図柄揃い
  • AT「頂RUSH」当選期待度:約50%

超番長ボーナス詳細

  • 継続ゲーム数:50G固定
  • AT「頂RUSH」突入契機:超番長ボーナス成立でAT突入確定
  • 超番長ボーナス成立で、次回天国モード&ボーナス中の7揃い確率UP

パチスロ 押忍!サラリーマン番長 AT「頂RUSH」の詳細

AT「頂RUSH」の基本性能

  • 継続ゲーム数:1セット50G+上乗せ分
  • 赤頂RUSHと青頂RUSHの2種類が存在
  • 赤頂RUSHより青頂RUSH当選時のほうが出玉性能が高い
  • AT終了後は引き戻し抽選・自力解除ゾーンへの突入抽選有
  • 赤頂RUSHの期待枚数:500~700枚
  • 青頂RUSHの期待枚数:1000~1400枚

上乗せ特化ゾーン「絶頂RUSH」の詳細

  • 突入契機:頂RUSH中のボーナス当選で抽選
  • 継続ゲーム数:10G固定で毎ゲーム5~100Gの上乗せ
  • 上乗せ抽選:レア小役成立時は3ケタの上乗せ確率UP
  • 規定ゲーム数終了後の押し順ミスで終了

上乗せ特化ゾーン「頂スラッシュ」の詳細

  • 突入契機:AT中の中リールに「BAR・弁当・BAR」の停止
  • 継続ゲーム数:30G・50G・100Gのいずれか
  • 上乗せ抽選:レア小役成立時はゲーム数の上乗せが濃厚
  • スラッシュチャレンジ成功で頂スラッシュのゲーム数の上乗せ
  • 頂スラッシュで2回、頂Sスラッシュで4回の漢気ポイントの抽選

パチスロ 押忍!サラリーマン番長 ヤメ時

  • ボーナス後、96G回してヤメ
  • 頂ラッシュ後、64G回して前兆無しを確認後ヤメ

パチスロ 押忍!サラリーマン番長 備考

  • 設定変更後は天井ゲーム数がリセットされる
  • 通常モードCからの当選は天国モードへの移行が確定

パチスロ 押忍!サラリーマン番長の印象

話題の新機種「パチスロ 押忍!サラリーマン番長」を、設置台数が40台以上のホールへ夕方の時間帯から見に行ってきました。

ざっと見渡すと、10箱以上のドル箱を積んでる人が一人、3箱以上のドル箱を積んでる人がちらほら、2箱以上のドル箱を積んでる人がばらばらと。
台は常に満席でしたが、ぽつぽつ空く空き台のデータを見てみると…スランプグラフは果てしなく右下がりのデータ!笑
そんな台にもかかわらず、次から次へと人が入れ替わり、夏のお祭りはまだ終わってないと言わんばかりのお祭りモードはさすがに話題の新機種ですね。

設定状況は何とも言えませんが、パチスロ 押忍!サラリーマン番長はまぁまぁ出てたんじゃないですかね。。。

話は変わりますが、パチンコ・パチスロ台は検定が通ってから3年で台の検定が切れてしまい、検定が切れたらホールから台を撤去しなくてはいけないルールがあるって知ってました?

これ、結構厄介なルールでして、ホールは3年以内に購入したパチンコ・パチスロ台の費用を回収しなくてはいけないんですよ…。
今のパチスロ台って、1台当たり30~50万円くらいするんですけど、朝からガッツリ負けたとしても1日10万円くらいが良いところで、毎日ガッツリ回収できる訳もなくたくさん出す日もあるわけで…。
その上、台の維持費やお店の経費などの費用も、パチンコ・パチスロ台から回収しなくてはいけないので、台の購入費用+αそこから利益を生み出さないと商売が成り立ちませんし…。

そう考えると、1台40万円だったとしたパチスロ台を40台、合計1600万円の投資はすごいな~って思います。
1600万円って消費税だけで128万円ですからね!これ全部負けたお客さんから回収できているなんて笑っちゃいますよね!笑

5号機最後の爆裂AT機になるかもしれない「パチスロ 押忍!サラリーマン番長」を、ホール側も長く大事に使いたいと思っているかもしれません。
台を長く大事に使うつもりがあれば、ホール側もお客さんが楽しめるような設定状況にしてくれますので、必然的に高設定の使用頻度も高くなってくると思います。

今は数値的なこともわかりませんし、実践もしていないので台の良し悪しは判断しかねる所ですが、まずは人気が落ち着くまで様子見というところですね。


↓ステキなスロブロガーさんの記事はコチラ↓

質問・疑問にお応えします♪
コメントやお問い合わせはお気軽に!

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

激アツブログの最新情報を
お届けします

Twitterで激アツブログをフォローしよう!