【ハナハナ鳳凰】スイカハズレリーチ目

金曜日・土曜日の稼働でそこそこの収支を上げることができました。
良い状況のお店へ行き、しっかりと立ち回れば自然と結果はついてくるということでしょう。

土曜日の稼働終わりに夜中までやっている温泉に行き、連日の稼働で疲れた体を癒してもらいました。
自宅へ帰って眠りについたのは午前3時を過ぎたあたりだったと思います。

タイマーをかけず、お昼くらいまで眠れたらいいなぁ…なんて思って眠りにつきました。

そして翌日。
朝8:30に起床…。

全く打ちに行く気はなかったんですが、7がつく日の強い某大手チェーン店なら今から用意すれば間に合う!

ということで、疲労困ぱいのご老体に鞭打って打ちに行くことに…。

お店へ到着したのは開店3分後。
まずはハナハナコーナーへ向かうと空き台が残りわずか。
そんな中から前日そこそこ当たっていたニューキングハナハナをキープして実践スタートです。

1G目、リールはするりとまわり、上げ狙いでの台選びに幸先悪いスタートです。
ですが、このお店の朝一状況をしっかり把握しているわけではないので、とりあえずこのニューキングハナハナをベル確率が悪くなるまで打ってみることに。

投資1,000円目でいきなり70回転以上回り、その後もベル出現率は好調です。
追加投資を続けていきますが、依然としてベル確率は好調をキープするも肝心のボーナスがなかなか当たりません。
そうこうしているうちに他の台が当たりだし、投資6,000円目のコインが飲まれたところでいったんこの台をヤメます。

次に選んだのはジャグラーシリーズです。
このお店のジャグラーは、特別な日以外は良くて設定5までしか入らないということは事前リサーチ済み。
目的はガックンが効くのかを調べるためです。

前日の優秀台を回すとリールガックンしました。
試しにその他の台もガックンチェックしてみると、1台以外はすべてガックンせず。

その状況を踏まえ、前日のへこみ台でガックンしたジャグラーを打つも、店内状況的に追えないと判断してヤメ。
というのも、このお店はたとえ7のつく日であったとしても、その日が日曜日だとあんまり出さない印象があるんです。

そんなこんなで‐9,000円の負債を抱えてこのお店を後にします。

さすがに疲労困ぱいでもう帰ろうと思ってはいるのですが、どうしても向かってしまう先はパチンコ店なんです…。

次に訪れたお店は、一店舗目とは違う系列ですがこちらも7のつく日が強い某大手チェーン店です。
このお店はWEBからデータが見れないということと、状況的に良さそうな感じがしなかったので今まで敬遠していました。
なので、朝一の状況含めてほぼほぼ初見のお店です。

入店し、店内を回るもお客さんが多いのはバジリスク絆コーナーと5スロコーナーでした。

まずは朝一の状況確認ということでハナハナ鳳凰のガックンチェックをするもヒットせず。
次にジャグラーのガックンチェックしてみると、ガックンする台がありました。

とは言え、設定判別するのが難しいジャグラーで、朝一ガックンしたからと言って本腰入れて打つのは無謀すぎます。
3,000円ほど打っていったん店内状況の確認でこの台をヤメます。

今の段階で見えていることはこんな感じです。

  • 今は稼働が少ないものの前日には良さそうな台がちらほらあるハナハナ鳳凰
  • 入店した時からフル稼働で状況も良さそうなバジリスク絆
  • 空き台がなく状況も良さそうな5スロコーナー

う~ん、良い台があってもつかめなければ仕方がない訳で…。

とりあえずガックンチェックで買った分のコインが余っていたのでそれを使うためにハナハナ鳳凰のシマへ向かいます。
何の根拠もないけれど、目立つ位置にある見せ台になりそうな位置にあるハナハナ鳳凰をキープします。

100Gほど回されたハナハナ鳳凰で余ったコインを使ったら今日はもう帰ろう!
そんなことを思った手持ちのコインが残り2枚、3枚掛けで回せる最後の1プレイ…

【ハナハナ鳳凰】ハイビスカスランプ点滅

ハイビスカスが点滅!

これが本日当たった劇的な初ボーナスのBIGでした!

とは言え、所詮は自宅へ帰る時間が少し延びただけにすぎません。
飲まれたら帰ろーなんて思いつつ打っていると、100G位回して2回目のBIGを引きます。

ただ今の総投資は18,000円。
持ちコインは400枚くらい。
もう少し増えたらいーなーなんて思っているとREGを引きます。

持ち玉は450枚くらいに。
あとちょっと―なんて思いつつペシペシ打ち続けます。

ここで真後ろで打っている人が当たるたびに離席するので気になって見てみると…

なんと同級生の友人でした!

ひさしぶりに会った友人と少し会話をし、台に戻って再びペシペシ打ちだします。

今日はここからでした!

ハナ連が止まらない!

一気に2000枚弱のコインを獲得することができました。

ここでいったん設定推測要素をスロマガツールにかけてみると、設定5が濃厚という数値が出ました。

コインを持ってしまったら仕方がありませんね…。
結論が出るまでもう少し打ってみますか!

…はい今日も出ましたっ!

ハナハナあるあるの

突然当たらなくなるやつ―!

ということで、1000枚ほどコインをノマしたところで設定3という結論に達しこの台をヤメました。
そして1000枚ちょっとのコインを流してちょうど負債を取り戻せました!

そんなハナハナ鳳凰はこんな感じのデータになっとります。

ボーナス確率
総プレイ数 2320G
BIG 12回(1/193.33)
REG 3回(1/773.33)
合算 15回(1/154.67)
通常時の小役確率
ベル 317回(1/7.32)
BIG中の判別要素
スイカ 7回(1/41.14)
パネフラ上部 1回(1/12.00)
パネフラ上下 0回(0/12.00)
レトロサウンドBGM変化
BIG 0回(0/2.00)
REG中のサイドランプ
左(黄) 3回(1/1.00)
右(黄) 0回(0/3.00)
左(緑) 0回(0/3.00)
右(緑) 0回(0/3.00)
左(赤) 0回(0/3.00)
右(赤) 0回(0/3.00)
左(合算) 3回(1/1.00)
右(合算) 0回(0/3.00)
収支
18,000円
スロマガ設定判別
設定1 25.36%
設定2 8.86%
設定3 27.95%
設定4 8.07%
設定5 22.03%
設定6 7.74%

ほぼほぼ初見のお店で高設定の入る数も未知数。
おまけに隣の隣の隣のおっさんがもろ設定6くさい挙動になっていました。

そんな状況のため、深追いせずに(1000枚ほどノマせましたが)いったん止めることに。

あらためて店内状況を確認してみるとこんな感じでした。

  • 相変わらず満席で状況良さそうなバジ絆
  • 相変わらず満席で状況良さそうな5スロコーナー
  • 徐々にお客さんが増えてきてようやく当たりだしたハナハナコーナー
  • ハナハナコーナーへお客さんを誘導している店員さん

そんなタイミングでこんな良さそうなハナハナ鳳凰が空き台になりました!

ボーナス確率
総プレイ数 2724G
BIG 10回(1/272.40)
REG 11回(1/247.64)
合算 21回(1/129.71)

朝一打っていたお客さんがコインを流してやめていき、次に打ったお客さんがコインをノマせてやめていった台です。
状況的には3台となりにボーナス合算1/100を切る台があり、この台もグラフが下がり気味になっているところでした。

この日の総投資は18,000円。
まずは2,000円使って様子を見ようと実践スタートです。

投資1,000円目、何も起こらず…。
投資2,000円目、ハイビスカス点滅、BIGを引くことができました。

ここのところ、こんな感じの当たり方が多いんですわ。
なんかヒキだけで勝ってるみたいでちょっぴりうれしいこの頃です♪

さて、そんな強ヒキはそれだけでは終わりません!
そしてここからがすごかった…。

一瞬で!本当に一瞬でした!

気づけば3箱カチ盛り&下皿パンパン!

HANA!-chika-HANA!(ハナチカハナ)流れまくりで、一撃で3000枚ちょっとのコインを獲得してしまいました。

通常時のベル落ちも1/6台で、BIG中のスイカはバンバン出現し、おまけにチェリー重複まで出現!

【ハナハナ鳳凰】チェリー重複リーチ目

いやなんかね、ほんとおかしいんですよ!

ヒキが。

この台が設定6だとしても、ものの1時間ちょっとのこんな一瞬で3000枚出るなんておかしいですよ!
スランプグラフなんてほぼ垂直に上がってて、10代のときだってこんなふうにならなかったですよ!

まぁでもね、コインを持ってしまったら仕方がありません…。
この持ちコインを使って設定判別をしていきましょう!

ペシペシ打っているとやっぱりやつはやってきました!

ハナハナあるあるの…

突然当たらなくなってベルも落ちなくなるやつ―!

あのですね、今回のハナハナあるあるは異常です!
何かしらの力でコインを意図的に減らしているとしか思えないような展開でした。

450GでBIG。
450GでBIG。
REGを2発はさんで250Gでヤメ。

1/6台であれだけ良かった通常時のベル確率は気づけば1/8台になりました。
1/6台から1/8台になるって、どんだけ一気にベルが落ちなくなったかってことですよ!

BIG中のスイカはBIG1回につき1回くらいのペースでコンスタントに落ちますが、BIG中のスイカを取ったからってコインが増えることはないんでね。

なんかよくわかりませんが、1500枚以上のコインを減らしたところで後のことは見知らぬ後任者に任せてこの台をヤメました。
この日は友人と食事に行く予定もあったので、ちょうどよかったと言えばちょうどよかったんですがね。

そんな、急上昇から急降下したハナハナ鳳凰のデータはこちら!

ボーナス確率
総プレイ数 2331G
BIG 14回(1/166.50)
REG 7回(1/333.00)
合算 21回(1/111.00)
通常時の小役確率
ベル 291回(1/8.01)
BIG中の判別要素
スイカ 12回(1/28.00)
パネフラ上部 0回(0/14.00)
パネフラ上下 0回(0/14.00)
レトロサウンドBGM変化
BIG 0回(0/5.00)
REG中のサイドランプ
左(黄) 3回(1/2.33)
右(黄) 4回(1/1.75)
左(緑) 0回(0/7.00)
右(緑) 0回(0/7.00)
左(赤) 0回(0/7.00)
右(赤) 0回(0/7.00)
左(合算) 3回(1/2.33)
右(合算) 4回(1/1.75)
収支
27,000円
スロマガ設定判別
設定1 0.67%
設定2 3.06%
設定3 7.90%
設定4 19.33%
設定5 21.33%
設定6 47.71%

はぁ?設定6?
数値だけ見ればそうでしょうね。

ただし、その後のこの台は閉店まで回されており、スランプグラフはダダ下がり。
最後にちょっとだけ浮上して、自分がやめたところから約1000枚のマイナス、最終的には+2,000枚くらいのところで閉店を迎えていました。

設定的にはどうなんでしょうか?

仮にこの台が設定6だったとしてもおかしくないデータになっています。
個人的には設定4くらいが妥当な線だと思っていますが、これが設定6あるいは設定2だったとしてもおかしくないとも思っています。

本当のところは神のみぞ知るってことでしょうね。

今回のハナハナ鳳凰の2台目を打って思ったことです。

個人的には設定判別要素の数値やスランプグラフの安定している台が好みです。
特に通常時の小役確率は大事で、ここが安定するだけでスランプグラフはかなり安定したグラフになります。

通常時の小役確率が良ければ多少ハマったとしてもそこまで一気にコインは減りませんし、ハマって当たったボーナス分でも結構なプレイ数を稼げるので、やはりスランプグラフは安定します。

逆に通常時の小役確率が悪い台だと、いくらボーナスが当たったとしても残っているコインは少なくなってしまいます。
結果的に小役確率が悪い台だと、スランプグラフは浮き沈みが激しいグラフになります。

今回のような台をやめるやめないの判断は非常に難しいところではあります。
ですが、自分の場合は瞬間的なボーナス合算確率よりも、そこに至るまでに蓄積してきた数値としっかり向き合うようにしています。

その結果、今回の台では1/6台だった小役確率が1/8台になったことによって「450Gのハマりがたった2回」来ただけで大きなコインロストとともに、スランプグラフの急降下を招きました。

これにより、いかに通常時の小役確率が大事かということを認識するとともにこの台をヤメる決断をしました。

数値がぶれるということは、分母が大きいからだと思っています。

ハナハナ鳳凰などのAタイプの小役確率なんて微差ではありますが、それでも安定していい数値をキープしてくれた方が粘ろうという気にさせてくれます。

このあたりの話は打ち手によって変わってくるとは思います。

個人的な意見としては、パチスロを打つためにパチスロを打っているのではなく、パチスロで少しでも多くのコインを獲得するためにパチスロを打っているのであって、本質から逆算すると、通常時の小役確率は絶対的に安定しているにこしたことはありません。

そんな、小難しいことを考えさせられた今回の実践でした。


応援PUSHをお願いします(^O^)
ありがたいポチに感謝します♪

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

激アツブログの最新情報を
お届けします

Twitterで激アツブログをフォローしよう!